週刊文春 電子版

《音声入手》「下品な害虫」准看護師学校 女性理事長の暴言音声

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 埼玉県川口市のある准看護師学校では、入学した生徒のうち約半数が自主退学する。日本医師会の調査によれば准看護師学校の卒業率は約75%(令和2年度)。異常な数字である。

 学校法人愛輪学園が運営する「大橋医療高等専修学校」。2016年に設立され、医師や看護師の指示で診療補助を行う准看護師を養成する2年制の学校で、大橋ひとみ氏が理事長を務める。

説教癖のある大橋氏(学校HPより)

「大橋先生は現在60代。准看護師と看護師資格を持っています。介護施設も運営している」(現役生徒)

 准看護師学校は卒業までに平均で200万円程度の学費だが、同校は300万円以上かかる。

「学費は少し高いですが、『生徒同士が助け合うアットホームな雰囲気』という説明会の言葉で、入学を決心しました」(同前)

 だが、卒業率は低い。今年3月卒業の5期生は31人入学し、卒業は15人。6期生は37人が入り、2年生に上がったのは19人だけだ。一体なぜ?

「原因は大橋先生のパワハラです」

 こう語るのは別の生徒だ。同校は大橋氏も授業を持つが、まともに授業をしないことが頻繁にあるという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月22日号

文春リークス
閉じる