週刊文春 電子版

幸せ溢れる、50代夫婦のウエディングプロデュース|霜鳥まき子

似合う服だけ着ていたい 第33回

霜鳥 まき子

連載

ライフ ライフスタイル

「こうありたい」をヒアリングして、これからどう装うかを一緒に構築する仕事をしていると、ご結婚される際に「ウエディングプロデュースもやって欲しい」というお声をよく頂きます。ヒアリングの過程で、これまでどこにも出さなかった思いや感情をぶつけてくださる方もいるので、何もかもさらけ出した私ならきっと、皆まで言わずとも、自分の理想が手に取るように分かるはず、と思ってくださる様です。

 実際にこれまで20代から50代まで十数件のウエディングプロデュースをしてきました。やってきて思うのは、本当に、一つとして同じ結婚式は無いという事。新郎を主人公にしたいお式、滝の前で法螺貝を吹く滝前式、サリー着用のお式、キャンプ場式、ロード・オブ・ザ・リング風お式、衣装やブーケ全てを一から手作りしたお式、朝まで仕事で徹夜のお2人が栄養ドリンクを飲みながらの式……まだまだ他にも個性あふれるオーダーメイドのお式を、とことん話し合って作ってきました。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月6日号

文春リークス
閉じる