週刊文春 電子版

ラグビー日本代表が同棲中に別の女性と“結婚”していた

「週刊文春」編集部

SCOOP!

エンタメ スポーツ

「『今年中に結婚しよう』と言っていたんです。でも彼がトンガに帰ってからは会えず、こんなことに……」

 時折声を詰まらせてこう語るのは、トンガ出身のラグビー日本代表のシオサイア・フィフィタ(23)と交際していたA子さんだ。

A子さんとフィフィタ

 フィフィタは高校1年で来日し、天理大学4年生時には初の大学選手権制覇に貢献。現在は花園近鉄ライナーズで活躍している。

「身長187センチ、体重105キロの体格と俊足を誇り、来年のW杯ではエース候補として期待されている。ただ、時間にルーズでマイペースなところもあるのが欠点」(運動部記者)

 そんなフィフィタとA子さんの出会いは昨夏。京都の繁華街でフィフィタがナンパしたのがきっかけだ。

「結構しつこく声をかけられ、去年の8月から付き合い始めました。でも凄い選手ではあるし、頻繁に『愛している』と言ったり、可愛いところもある。週に6日間ぐらいフィフィタの家で一緒に過ごしていて、ほぼ同棲状態でした」(A子さん)

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月6日号

文春リークス
閉じる