週刊文春 電子版

芦田愛菜は医学部進学ではなかった

「週刊文春」編集部

SCOOP!

エンタメ 芸能 教育

「病理医になりたい」

 かつて、そう語った女優・芦田愛菜(18)。現在は、名門・慶應義塾女子高等学校の3年生。「慶應大医学部への内部進学が決まった」と、今年5月にも報じられた。ところが――。

日本ジュエリーベストドレッサー賞にも選ばれた

 芦田が憧れている「病理医」とは、ヒトの細胞や組織を顕微鏡などで観察して、病気の診断を下す医師のこと。同じ医師でも、メスなどを使って手術を行う臨床医とは別の職種だ。そもそも、彼女がなぜ「医師の道を志す」とされているのか。

 発端は2017年に慶應義塾中等部に合格した際に出演した日テレの情報番組「スッキリ!!」のインタビュー。その中で芦田は夢を語った。

「医学系の道に進みたいなと思って。(病理医の存在は)ドラマで知ったんです」

 小学生の頃から、芦田は白衣への憧れを抱いていたとベテラン芸能記者が話す。

「芦田は10歳の頃に同じ番組で『薬剤師になりたい』と明かしています。そこから2年で病理医へ志望が変わった。基本的には医学系の仕事に憧れを持っているようです」

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月6日号

文春リークス
閉じる