週刊文春 電子版

「デビュー直後の及川光博みたいな」老人ホーム92歳女性殺害 “50歳逃亡犯”はジャニーズアイドルの叔父だった

「週刊文春」編集部

電子版ORIGINAL

ニュース 社会

 後の供述から浮かび上がってきたのは、聞くに堪えない地獄絵図だった。

 身長180センチの大柄な男が、鬼の形相で卒寿を過ぎた老女の髪を掴み、ベッドから引きずり回す。木の枝をへし折るように、か細い両腕を骨折させてなお、男は老女の顔面を力任せに殴打し続けた。常軌を逸した暴行は、約20分に及んだという。

 介護職員の菊池隆容疑者(50)が我に返った時、眼下にある要介護4の山野辺陽子さん(92)の身体は、ピクリとも動かなくなっていた。現場は、東京都北区の閑静な住宅街にある特別養護老人ホーム「浮間こひつじ園」1階東側の個室。9月15日午後11時頃のことだ。

亡くなった山野辺さん(遺族提供)

「被害者の死因は頸髄と脳幹の損傷とみられる。両腕のほか胸椎も折れ、肘が脱臼していた。さらに、顔面から背中にかけて、ポットの熱湯を浴びせられてできた熱傷の痕があった」(捜査関係者)

 同施設は4階建て。約110の部屋がある。菊池はこの日、午後10時から翌日朝7時までの夜勤シフトに入っていた。職員によれば、夜間は各フロアのユニットごとに10人から20人の入居者をスタッフが1人で担当するという。凄惨な事件が発覚したのは、次のシフトの職員たちが出勤してきた16日の午前7時過ぎ。菊池は犯行後、施設の窓から逃げ出していた。

特別養護老人ホーム「浮間こひつじ園」

自首する気がないのは明白だった

「昔、住んだり行ったことのある場所を通って、北海道に行って死のう」

 そんな独りよがりな覚悟を決めた菊池は16日未明、渋谷区内のコンビニのATMなどで現金90万円を下ろすと、その後もタクシーを不規則に乗り継ぎ、“ハッテン場”として知られる上野の男性専用サウナに立ち寄って朝を待った。電車が動き出してからは、小刻みに路線を変え、本州を北上していく。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春

文春リークス
閉じる