週刊文春 電子版

監督の性加害で主演作お蔵入り 涙をこえて再起する佐津川愛美

THIS WEEK「芸能」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 9月30日に最終回を迎えたNHK朝ドラ「ちむどんどん」。その内容には賛否両論が巻き起こる中、脇役としての演技が光ったのが佐津川愛美(さつかわあいみ)(34)だ。

「竜星涼演じる“ニーニー”が働く養豚場の娘役で、2人の恋物語は後半唯一の見所。ズバズバ物を言う掛け合いや、水商売で接客する姿とのギャップを上手く演じていた」(放送記者)

 静岡市出身で、中学時代に新体操でジュニア五輪全国大会に出場した佐津川。14歳の時に優香を育てたホリプロのマネージャーにスカウトされ、「軽い気持ち」で芸能界入り。するとデビュー直後の2005年、初出演映画「蝉しぐれ」でブルーリボン賞助演女優賞にノミネートされた。

「ただ、深田恭子、綾瀬はるか、石原さとみの“ホリプロ三人娘”がブレイクし始めた直後にデビューしたため、陰に隠れて目立たない存在に」(映画記者)

憧れの女優は篠原涼子だとか

 以降は脇役として地道にキャリアを積み重ね、50本以上の映画、100本を超えるドラマに出演。朝ドラも「梅ちゃん先生」「スカーレット」に出演している。

 そして今年3月、満を持して主演映画「蜜月」が公開されることに。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月13日号

文春リークス
閉じる