週刊文春 電子版

「坂本と中田には…」巨人のドラ1浅野を待つ高い壁

THIS WEEK「スポーツ」

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ

 10月20日のドラフト会議の目玉は、巨人と阪神に1位指名された高松商業の浅野翔吾(17)。前年まで1勝11敗と、くじ運の悪さで知られる原辰徳監督が、過去1勝7敗の阪神・岡田彰布監督との“最凶くじ運対決”を制し、当たりを引き当てた。翌日、巨人の大塚淳弘副代表、水野雄仁スカウト部長らが浅野の元へ駆けつけ、原監督直筆の「巨人軍は待ってるぜ!」とのメッセージを届けた。

浅野の目標は岡本和真だという

「酒造メーカー勤務の浅野の父・幹司さんは徳島商業で捕手をしていた元高校球児で、現役時代の原監督のファンだった。浅野も巨人に入れることに、感動の面持ちでした」(全国紙記者)

初月300円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

プランを選択してください
月額プラン
2,200円/月
初回登録は初月300円、1ヶ月更新
年額プラン
1,833円/月
22,000円一括払い、1年更新
電子版+雑誌プラン
2,458円/月
29,500円一括払い、1年更新

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年11月3日号

文春リークス
閉じる