週刊文春 電子版

片岡仁左衛門(78)37歳下女性と嚙みつき不倫撮

「週刊文春」編集部

SCOOP!

エンタメ 芸能

 歌舞伎界を代表する名役者に恋をした壇蜜似の女性は、公演に通いつめ、会社も辞めた。そして2年前、公園でキスを交わし、大阪公演で熱い夜を過ごし、彼女の体中には…。熟女キャバクラで働きながら、今も続く人間国宝との道ならぬ恋。

女性に圧倒的な人気を誇る仁左衛門

 秋真っ盛りの10月3日、「登山の日」。この日は、温暖な気候に恵まれていた。

 品川神社の境内に聳える人工の山「富士塚」。夕方、急な山道をしっかりとした歩みで登るのは、すらりと伸びた手足が印象的な老紳士。ジーンズにストライプの白いワイシャツというラフな格好で、頭にはゴルフの帽子をかぶっている。

ウォーキングデート中の2人

 その傍らには、寄り添うように歩を進める色白で華奢な女性。彼女もまた黒のノースリーブに、ショートパンツと、歩きやすい服装で、同じく帽子姿だ。

 2人は山頂に辿りつくと、並んで腰を下ろした。自然と近くなる互いの距離。眼下に広がる、品川の街を眺めながら、男性は彼女の腰に手を――。

富士塚の山頂で密着する2人

 この健脚の老紳士、実は歌舞伎界を代表する名優、15代目・片岡仁左衛門(78)である。

 350年以上の歴史ある上方歌舞伎の名跡・片岡仁左衛門。その13代目の三男として生まれた。5歳で、本名の片岡孝夫の名で初舞台を踏む。177cmと歌舞伎役者にしては長身で細身の身体で、1964年、『女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)』の与兵衛を好演し、「大阪に孝夫あり」と言われた。98年に15代目を襲名。5代目坂東玉三郎との“孝玉コンビ”は女性を中心にブームを巻き起こす。人呼んで「ニザ様」。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年11月10日号

文春リークス
閉じる