週刊文春 電子版

無料公開中

〈ツーショット写真〉人間国宝・片岡仁左衛門78歳 “壇蜜似”41歳女性との2年不倫愛

スクープ速報

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 秋真っ盛りの10月3日、「登山の日」。午後4時、品川のカフェで喫煙テラス席に並んで座りコーヒーをすする1組のカップル。2人は20分ほどで席を立ち、手が触れそうな距離で並んで歩き始める。優しく語り掛ける老紳士の顔を女性はうっとりと見上げ、人気が少ない道路に折れ曲がると、彼の背中を優しく擦った。

 実はこの老紳士は歌舞伎界を代表する名優、15代目・片岡仁左衛門(78)。彼はこの女性と2年以上にわたって不倫関係にある。

女性に圧倒的な人気を誇る仁左衛門

上方歌舞伎の名跡・片岡仁左衛門がウォーキングデート

 店を出て歩くこと15分、2人揃って品川神社の鳥居をくぐる。境内に聳える人工の山「富士塚」の、急な山道をしっかりとした歩みで登る、すらりと伸びた手足が印象的な仁左衛門。ジーンズにストライプの白いワイシャツというラフな格好で、頭にはゴルフの帽子をかぶっている。

 傍らで、寄り添うように歩を進める色白で華奢な女性。彼女もまた黒のノースリーブに、ショートパンツと、歩きやすい服装で、同じく帽子姿だ。

ウォーキングデート中の2人

 2人は山頂に辿りつくと、並んで腰を下ろした。自然と近くなる互いの距離。眼下に広がる、品川の街を眺めながら、仁左衛門は彼女の腰に手を――。

 350年以上の歴史ある上方歌舞伎の名跡・片岡仁左衛門。その13代目の三男・孝夫として生まれた。177㎝と歌舞伎役者にしては長身で細身の身体で、「大阪に孝夫あり」と言われた。98年に15代目を襲名。5代目坂東玉三郎との“孝玉コンビ”は女性を中心にブームを巻き起こした。人呼んで「ニザ様」。

“堅物”の仁左衛門に寄り添う壇蜜似の女性

 プライベートでは小学校の同級生と結婚し、3人の子をもうける。2015年には人間国宝に認定された。今年6、7月には帯状疱疹で公演を休演したが快復し、この11月には13代目市川團十郎白猿襲名披露公演にも出演する。

「芸一筋の真面目な人物として知られています。著名な歌舞伎役者としては珍しく、不祥事が報じられたことがありません」(芸能記者)

 しかし“堅物”の仁左衛門に、近年、寄り添う女性がいる。歌舞伎関係者が声を潜めて語る。

「体力作りのため、品川の自宅の稽古場での発声練習と、ウォーキングを日課としています。しかし20年の春頃から、ウォーキングに若い女性が付いているのです。コロナ禍でもあり、仁左衛門さんは肺の病気を過去に患っていたので、心配しているのですが……」

2人とも歩くのが好き

 それが、小誌が目撃した冒頭の女性・A子さんなのである。彼女の知人が語る。

「彼女はいま41歳。タレントの壇蜜似の、色気のある美人です」

A子さんが自宅に誕生日プレゼントを郵送すると、返事が来て…

 彼女はもともと仁左衛門のファンだったという。

「東北出身のA子は、30代の頃から歌舞伎の世界にハマり出した。年上好きのA子は、すぐに仁左衛門の魅力に惚れ込んだ」(同前)

 A子さんは、18年春頃から、仁左衛門が出演する公演を全て観劇する“全通し”をすることが多くなるなど、仁左衛門ファンの間で、次第に目立つ存在になっていく。19年2月には楽屋口で入り待ちをしているA子さんを見つけ、他のファンもいる前で、「この前、手紙に書いてた質問のことやけどな……」と話しかけたこともあった。

 その後、彼女は関係者だけが参加できる会にも参加するなど、さらに仁左衛門との距離は近づいていった。そして20年3月、コロナ禍で歌舞伎座公演も中止となったこの頃、遂に2人はプライベートで会うようになる。A子さんが仁左衛門の自宅に誕生日プレゼントを郵送すると、返事があったのだ。

馴染のカフェテラスで

「携帯にお礼のメッセージが来て、月末に品川のカフェで初めて2人で会ったと言っていました。それから彼の日課の自宅周辺のウォーキングに誘われるようになったと」(前出・知人)

「いや別に……うん」と終始歯切れの悪い回答

 LINEも交換し、やり取りをするようになる2人。彼女は月に何日もウォーキングに同伴した。小誌も冒頭のシーンのように、2人が自宅の近くでウォーキングをし、逢瀬を重ねるのを、複数回確認している。

 当初はA子さんが積極的だったが、次第に仁左衛門からもアプローチをするようになる。元々ファンだった37歳下の女性と、人間国宝は道ならぬ恋に溺れていった。そして7月には遂に大阪のホテルで結ばれたのだった――。

ホテルにチェックインするA子さん

 そして今も2人の関係は続いている。

 10月28‎日、渋谷の美容室を出てきた仁左衛門に話しかけた。当初は柔らかく受け答えしていたが、A子さんの名前を出した途端、顔を強張らせた。

――A子さんは特別な関係の方ですか?

「いやいや全然」

――先日も一緒にウォーキングされてた。

「ああそうですか」

――どういったご関係?

「いや別に……うん」

直撃時も背筋はピンと伸びていた

A子さんは「わかんない」の繰り返し

 同日の深夜、仕事帰りのA子さんに声を掛けた。

――歌舞伎俳優の仁左衛門さんをご存じでしょうか?

「えー、わかんないです。歌舞伎見たことないです」

――仁左衛門さんと歩いていたのを見ました。

「えー、わかんなぁい」

 と、仁左衛門は歯切れの悪い答えに終始し、A子さんは「わかんない」を繰り返すのだった。

 一体、A子さんは何者なのか――。

 11月1日(火)12時配信の「週刊文春 電子版」および11月2日(水)発売の「週刊文春」では、2人だけの時に見せる仁左衛門のある"癖"、A子さんが仁左衛門に近づくために取った方法、大阪のホテルでの2人の様子、仁左衛門の直撃の時の様子などを報じている。

source : 週刊文春 2022年11月10日号

文春リークス
閉じる