キムタクの“織田信長”に観覧倍率64倍…現場はどうなっていたのか?《写真多数》

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 芸能 テレビ・ラジオ 映画

 黄色い歓声とともに姿を現した馬上豊かな“織田信長”。扮するのは、キムタクこと木村拓哉その人である。

ちょ、多すぎ

 3年ぶりに岐阜市内で開催された「ぎふ信長まつり」。6日に行われた「騎馬武者行列」には、同市出身の伊藤英明らも参列し、2日間で計62万人を集客する大盛況となった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年11月17日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる