週刊文春 電子版

佐々木朗希も苦戦した「WBC公式球」 代表OBが勧める“意外な克服法”

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ

 10日に行われた侍ジャパンとオーストラリアとの強化試合。先発した佐々木朗希投手は4回を投げて無失点だった。しかし、毎回ランナーを許し、奪った三振はわずかに二つ。完全試合とプロ野球タイ記録の1試合19奪三振をW達成した「令和の怪物」の侍デビューにしては物足りない内容だった。

写真提供 産経新聞

 マウンド上で何度も首をかしげた佐々木。試合後は、今回使用されたWBC公式球への対応の難しさを口にした。06年と09年のWBCで投手として日本の連覇に貢献した渡辺俊介氏が語る。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年11月24日号

文春リークス
閉じる