羽生結弦「これからの僕の物語」《初の単独アイスショーを写真で振り返る》

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ

 真夏のプロ転向表明会見から約4カ月、新たな挑戦となったのは、たった1人でのアイスショー。90分8演目を滑り切った異例の公演を、羽生を長年支える音響デザイナーの言葉とともに振り返る。

 

 7月19日に記者会見を開き、プロフィギュアスケーターに転向することを表明した羽生結弦。あれから約4カ月を経た11月4日、プロとなって初のアイスショー「プロローグ」の初日が横浜で行われた。この横浜と、12月の八戸をあわせ計5公演が予定されている。羽生自らプロデュースする公演、出演するスケーターも羽生のみ。かつてない異例の試みのもと、約90分にわたるショーを1人で演じきった。

「いろんなことを経てここまで来られたという道筋だったり、リアルタイムで羽生結弦というドキュメントを見ていただきたいと思って、このアイスショーを構成してみました」

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年11月24日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる