週刊文春 電子版

ドーハの歓喜から悲劇へ…「コスタリカに敗戦」はなぜ起こってしまったのか?

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ

 カタールW杯初戦、後半から出場した堂安律、浅野拓磨が立て続けにゴールをあげ、強豪ドイツを相手に歴史的なジャイアント・キリングを達成。選手起用がピタリとハマった森保一監督の采配は森保マジックと称賛され、まさに“ドーハの歓喜”だと、興奮冷めやらぬまま迎えた2戦目に、こんな悲劇が待っていようとは――。

ドイツ戦で決勝点を決めた浅野はチームメイトと歓喜の抱擁を交わした/撮影 杉山拓也(JMPA)

 11月27日のコスタリカ戦、日本代表のプレーは精彩さを欠いていた。守りを固めるコスタリカを攻めきることが出来ないまま、後半36分、自陣ペナルティエリア付近でコスタリカにボールを奪われ、決勝点を叩き込まれた。

 今回の敗戦が次のスペイン戦をより難しいものにした、と元日本代表の戸田和幸氏は懸念する。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月8日号

文春リークス
閉じる