週刊文春 電子版

創価学会が恐れる「オウム以来の危機」

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治

 連立与党の一角・公明党。その支持母体として強大な影響力を持つ創価学会のカネと権力に迫った前号に学会側は猛反発。すぐに本部職員が抗議書を持参した。だが信者からも、そして連立のパートナーからも不穏な声が……。

 

▶幹部会で流された池田大作“オウム事件ビデオ”

▶墓苑土地は非課税収支文書は“ブラックボックス”

▶批判に「欲ボケ」「ペテン師」長井秀和に法的措置も

▶統一教会新法骨抜き自民幹部「自公連立でいいのか」

 遡ること約2カ月前の、10月2日。創価学会にとってこの日は、62年前に池田大作名誉会長が初めて海外指導の旅に出た記念日であり、「世界平和の日」と呼ばれている。

初月300円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月8日号

文春リークス
閉じる