週刊文春 電子版

電通立件へ 特捜部が狙う「元内閣官房参与の教え子」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 スポーツ

「高橋治之元専務が逮捕された贈収賄事件では、電通は特捜部の“協力者”だった。ところが、今回は違う。『現役社員から逮捕者が出る』と幹部らは青ざめています」(電通関係者)

 東京地検特捜部が東京五輪のテスト大会を巡る談合疑惑で、電通の家宅捜索に乗り出したのは、11月25日のことだ。

「贈収賄事件で植野伸一社長(当時)らが逮捕されたADKホールディングスの関連会社が、課徴金減免制度に基づき、公正取引委員会に違反を自己申告したことで談合疑惑の捜査が進展しました。植野氏の後任の大山俊哉現社長は電通の元執行役員。いわば、古巣を“刺した”形です」(社会部記者)

汐留の電通本社ビル

 談合の疑いがあるのは、組織委員会が発注した各競技のテスト大会だ。総額約5億円だが、テスト大会を受注した9社は本大会でも随意契約で受注しており、総額は200億円規模。特捜部は巨額の随意契約の締結を視野に談合が行われたと見て、捜査を進めている。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月8日号

文春リークス
閉じる