週刊文春 電子版

ゼロコロナ政策失敗は予言されていた|池上彰

池上彰のそこからですか!? 第551回

池上 彰

連載

ニュース 社会 国際 中国

 先月末、アメリカの原油先物市場で原油価格が急落しました。何があったのか。その直前、中国各地で習近平国家主席の「ゼロコロナ政策」に対する大規模な抗議行動が起きたからでした。

 中国で抗議行動が起きると原油価格が下がる。世界は本当につながっているのだなあと痛感します。

 でも、これはどういう因果関係なのか。次のような連想が起きたのです。先月27日、中国の上海や北京の街頭で、白い紙を掲げた多くの若者たちが、「共産党、退陣!」「習近平退陣!」と叫びました。こんなにおおっぴらに共産党や習近平国家主席を批判する行動が起きるなど、これまでの中国を知っている者からすれば驚天動地の出来事です。これで中国は混乱に陥り、経済は低迷するのではないか。中国経済が低迷すれば、世界経済にも大きな影響が出て、石油の消費にブレーキがかかるのではないか。そうなれば原油価格は急落するだろう。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月15日号

文春リークス
閉じる