週刊文春 電子版

「介護はなぜ儲かるのか」

短期集中連載「介護の闇」③

甚野 博則

連載

ライフ 社会 医療

 市場規模は21兆円になる! コンビニや家電小売、パチンコを超える――こんな謳い文句でフランチャイズの経営者を募る介護業界。本当にそれほど儲かるのか。「老人はダイヤモンド」との言葉も飛び出す背景とは。

〈介護保険の給付費が2025年には21兆円へ〉

 近い将来の日本における介護業界の市場規模だ。コンビニ業界は10兆円、家電小売業界は9兆5000億円。介護は今後益々、魅力的なビジネスになる――。

 これは、ある介護事業者の「起業説明会」で用いられる営業トークの一つだ。同社は、小規模デイサービスを全国に展開するフランチャイズ事業を手掛けている。民家を改装して介護スタッフを雇い、お年寄りに日中、そこで過ごしてもらうという事業だ。同社のパンフレットには、こんな記載がある。

〈月間利益は約80万円です。1日平均9.5人の利用者様を確保した場合、月額約100万円の収益も可能です〉

フランチャイズへと勧誘するパンフレット

 こんな謳い文句で、脱サラした個人事業主や中小企業の経営者などに、フランチャイズへの加盟を促している。

 介護業界への参入は比較的簡単だといわれる。デイサービスや訪問介護、介護用の宅配弁当など、介護の資格や経験がなくとも、個人で起業できる業種はいくつもある。また、ワタミ(現在は売却済み)に代表される飲食産業や、警備会社のALSOKなど、大企業が介護事業に参入していることは有名だ。大企業だけでなく、パチンコ会社から魚の仲卸業者まで、今やあらゆる異業種が介護業界に参入している。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2023年2月2日号

文春リークス
閉じる