河野太郎側近政務官 事務所は“10年違法物件”だった

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 政治

 千葉市北部、JR都賀駅から約2キロ。広大な空き地に佇む2階建ての建物には、政治家のポスターが貼られ、〈I♡自民党〉と書かれたオレンジ色の選挙カーも横付けされていた。ここは、秋本真利・外務大臣政務官(47)が代表を務める「自由民主党千葉県第9選挙区支部」なのだが……。

菅グループの一員でもある秋本氏(自民党HPより)

 オレンジのネクタイがトレードマークの秋本氏。2012年に初当選し、現在当選4回。昨年8月、外務政務官に就任した。

「秋本氏は千葉県の富里市議時代、法政大の大学院にも通っていた。そこに特別講師として現れたのが、“脱原発”が持論の河野太郎氏(現デジタル相)。河野氏から『お前、国会議員になれよ。俺と一緒に働こう』と誘われ、国政への転身を決めたそうです。以来、『河野太郎はアニキ』と公言し、“河野側近”として永田町では知られてきました」(政治部記者)

 

 20年出版の著書『自民党発!「原発のない国へ」宣言』には、河野氏が「自民党一の『脱原発』男だ」と推薦文を寄せている。21年の総裁選でも河野選対の中枢を担った。

河野氏が推薦文を寄せた秋本氏の著書

「“アニキ”と同様に、ツイッターで気に入らない相手は即座にブロックするという指摘がネット上で頻出している。秘書への当たりもきついと言われています」(事務所関係者)

 そんな秋本氏が推し進めてきたのが、再生可能エネルギーの普及だ。前出の著書でも自らを「再エネの『族議員』」と呼ぶほど。他方で、その政治活動を資金面から支えてきたのもまた、再エネ事業者だった。千葉県第9支部は過去3年間でも、再エネ関連企業や経営者から計約2500万円の献金を受け取っている。

国交政務官時代の再エネ株

「中でも注力したのが洋上風力発電の拡大です。著書でも、国土交通大臣政務官時代(17年8月〜18年10月)に、洋上風力の導入が劇的に進むことが期待される洋上風力新法の起案に携わったことを、明かしていました」(前出・記者)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年2月9日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる