《音声入手》秋本真利と共犯 元警視総監の妹「危ない仕事は私」「誰かが刺さなければ」|岸田政権の急所を撃つ

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

 洋上風力発電を巡る収賄疑惑で、東京地検特捜部に逮捕された秋本真利衆院議員(48)。“共犯”だった女にも司直の手が――。

小誌は8月10日発売号で2人の「奇怪すぎる親密交際」を報道

「ここに来て、別の詐欺事件が明らかになりました。新型コロナ対策に関する持続化給付金約200万円の不正受給に関与していた疑いです」(社会部記者)

 不正受給を申請したとされるのは、千葉県富里市の「NREP」なる会社。代表取締役は、千葉県議で秋本事務所の私設秘書を務める高橋祐子氏(63)だ。

祐子氏は秋本事務所の“金庫番”(本人HPより)

「2人は実川(じつかわ)幸夫衆院議員(当時)の事務所スタッフとして知り合い、祐子氏が15歳上の先輩でした。その後、祐子氏が一一年に富里市議、秋本氏が12年に衆院議員になると、立場は逆転。秋本氏が真夜中に祐子氏を『今から自宅に来て』と呼びつけたり、時には乱暴な振る舞いをするようにもなった。互いに独身ですが、周囲は『DVカップルみたいだね』と話していました」(事務所関係者)

 秋本氏には、祐子氏を手離したくない理由があった。彼女の実兄は、第92代警視総監を務めた高橋清孝氏なのだ。実際、秋本氏は16年、総監室を訪問。SNSに〈非常に有意義な時間でした〉とツーショットを投稿するなどしていた。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年10月5日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる