国会でも問題に 国立病院看護師101人が告発 ブラック労働「本当の元凶」

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会 働き方 医療

 2週にわたって報じた国立病院機構の看護師たちの“ブラック労働”は国会でも問題に。そして、小誌に届く告発の声は止まらず、ついに100人を超えた。“看護崩壊”の危機は、なぜ放置され続けるのか。その元凶に迫る。

 

 2月17日、衆議院予算委員会でついに取り上げられた、独立行政法人国立病院機構(NHO)の看護師の労働問題。立憲民主党・柚木道義議員の「調査し、指導する意向はあるか」との質問に対し、加藤勝信厚労相は次のように回答した。

「現場で働く方々の職場環境が適正に保たれること。労働関係法令が遵守されること、これは大変大事なことであります。引き続き、様々な情報を収集しながら、法の履行を図っていきたい」

NHOの労働問題について答弁する加藤厚労相

 小誌はこれまで2週にわたって、NHOの看護師の労働基準法に違反する過酷な勤務実態を報じてきた。その間、情報提供窓口「文春リークス」への告発の声が止むことはなく、その数は2月20日時点で全国24のNHOの病院に勤める看護師、計101名に上る。

「妊娠しても流産一歩手前まで使い倒されて、辞めたら新人を入れての繰り返し。職員は駒にすぎない。まるで人権がありません」(京都医療センター看護師)

「10年前に退職しましたが、朝から夜まで働いて、残業代もほとんど貰えず、書類もハンコ管理。報道をみて、私がいた頃と何も変わっていない、と思いました」(国立病院元看護師)

 働き方改革が進む今の時代において、なぜ看護師の“ブラック労働”は変わらないのか。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年3月2日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる