女優の長谷川京子(44)が6月8日、インスタグラムに赤いランジェリー姿の写真を連続投稿。2年前からプロデュースする下着ブランドについて「まだまだ表現しきれていない事、たくさんあります」と綴った。

「自らモデルとなり、ベッドに座ってシャツを脱ぎながら下着をPR。インスタのフォロワー数は約84万人に上る」(芸能デスク)

 千葉県出身の長谷川は高3の時から雑誌『CanCam』の専属モデルを務め、髪形や服装を真似る女性が続出する「ハセキョー現象」を巻き起こす。短大卒業後、2000年に女優デビュー。

「キャメロン・ディアスに憧れ、『私はモデルさんじゃない、長谷川京子よ』と自分を前面に出したくなったそうです」(芸能記者)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年6月22日号