猿之助が小泉元首相の脱原発団体の賛同人になったワケ

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治 芸能

〈脱原発へ、再始動 小泉・細川元首相〉
 

 2014年5月7日、小泉純一郎、細川護熙両元首相が脱原発を訴える新団体「自然エネルギー推進会議」を設立。その賛同人の一人として名を連ねていたのが、渦中の市川猿之助(47)だ。

哲学や宗教にも造詣が深い猿之助

 脱原発運動の大きなうねりを生むきっかけとなった11年の東日本大震災。猿之助は翌年、その衝撃をこう語っていた。

〈文化人が何かできないか、音楽で力を与えようなどと考えるが、僕はできないと思う。できないと素直に認めた上で、10年、20年のスパンでみればできることもある〉(12年1月1日、産経新聞)

 未曽有の天災に、歌舞伎界も義援金集め等に力を入れる中、当時猿之助が接点を持ったのが細川氏だった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年7月13日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫