妻の前夫“怪死事件”捜査の渦中に…木原誠二官房副長官は違法風俗の常連!

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 政治

 地元マンションに夜な夜な人妻デリヘル嬢を呼ぶ男。妻が重要参考人とされた最中でも、気にする風もない。コロナ下でも、「俺はエッチを我慢できないから」と嘯き、総理の右腕となってからも、違法な本番行為を強いる常連客の正体は――。

 新緑に囲まれた6階建てのマンション周辺は、夜9時を過ぎると人通りが途絶え、微かな街路灯が暗がりを照らす。夜の静寂を縫うように所沢ナンバーの乗用車が横付けされ、後部座席から女性が駆け足で飛び出していく。乗用車が送迎するのは毎回違う女性だが、彼女たちが向かう先は、決まって6階の一室だった。女性たちは「ナカキタ」と称する男の部屋を日々訪れ、1、2時間すると、先の乗用車で去っていく。

表札には「KIHARA」

「あの人は、うちの“上客”ですよ。オープン以降、平均すれば月1、2回は利用してくれています。今までトータルで50回以上、100回未満。前日などにメール予約をするわけではなく、急に『今から来られる子をお願いします』というような電話が来るんです。お気に入りの子がいるわけではなく、多分誰でもいいんじゃないかな」

 そう打ち明けるのは、人妻専門デリヘル「W」の関係者だ。「ナカキタ」の部屋の郵便受けの表札にはピンクや黄色の星が描かれたシールが貼られ、中央に「KIHARA」と手書きで記されている。だが、彼女たちは「ナカキタ」のフルネームを知る由もない。

 彼を接客したことのあるデリヘル嬢は告白する。

「マンションに着くと、彼から『シャワー浴びてきて』と命じられました。シャワールームを出て、寝室に行くと、そこは真っ暗闇。その暗闇の中で、彼はスッポンポンで佇んでいた。恐る恐る寝室に入ると、ベッドに押し倒されて、物凄い勢いで襲われました。そして、そのままエッチを強いられて……」

 謎の男「ナカキタ」が夜な夜な女性を招き入れたマンションの一室。その部屋の所有者の名は、木原誠二という。当時、妻の前夫“怪死事件”捜査の渦中にあった人物である。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年8月17日・24日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる