神戸26歳医師自殺 実兄の告発「院長が葬儀で暴言を…」

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会

「弟の葬儀の日、弔問に来た具(英成)〔ぐ・えいせい〕院長と直接話をしたんです。私はただ何が起きたのか知りたかった。ところが、院長からは……」

 

 小誌の取材にそう話すのは、昨年5月17日に自殺した「甲南医療センター」(神戸市)の医師、高島晨伍(しんご)さん(当時26)の実兄で、自らも医師のAさんだ。

 地元記者が解説する。

「高島さんの自殺は月200時間超の時間外労働による精神疾患が原因だとして、西宮労働基準監督署が労災認定しています。一方、具院長らは会見で『過重な労働を付加していた認識はない』と主張し、高島さんが自己申告していた残業時間は30時間ほどと明かした。労基が認定した時間外労働には、業務ではない自己のスキルアップを図る『自己研鑽』の時間が含まれていると釈明したのです」

 実際はどうだったのか。在りし日の弟について、Aさんが振り返る。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2023年8月31日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる