《池上彰 緊急寄稿》イスラエル・ハマス戦争の衝撃「私が歩いたガザの悪臭と絶望」

池上彰のそこからですか!? 緊急寄稿

池上 彰
ニュース 社会 国際

 ユダヤ教のお祭り後の安息日を狙ったイスラム武装勢力ハマスの無差別攻撃。ハマスはイスラエルを襲撃した際に、外国人を含む100人以上を人質として連れ去り、1400人以上を殺害しました。その非道さには言葉を失いますが、イスラエル軍は報復としてガザ地区に激しい空爆を行い、2600人以上が犠牲になっています。その後、イスラエル軍はガザ地区への大規模な地上侵攻作戦への移行も進めており、さらに多くの市民が犠牲になる恐れがあります(以上、10月16日現在)。この負の連鎖はどうして起きているのか。歴史から紐解いていきましょう。

襲撃はイスラエルの隙を突いた

 襲撃が起きたのは10月7日の早朝でした。この日は、ユダヤ教の1週間に渡るお祭り「仮庵の祭り」が終わった直後の安息日でした。この祭りは、エジプトで奴隷にされていたユダヤ人の祖先が預言者モーゼに率いられてエジプトを脱出し、神から与えられた約束の地「カナン」に向かう際に荒野で天幕を張って住んだとされている故事にちなんだもので、木の枝で仮設の家(庵)を建てて住む行事です。

 ユダヤ教では、仮庵の祭りの最終日は一切働いてはいけないことになっていますし、その翌日の安息日も働けません。このためイスラエル軍兵士の多くが自宅に帰っていました。その隙を突かれたのです。これはいまから50年前の10月6日に起きた第四次中東戦争を想起させます。このときもユダヤ教にとって大事な祭日「ヨム・キプル」(贖罪の日)で、働いてはいけないことになっていたため、その隙を突かれて緒戦は大きな被害を出しました。まさにその二の舞だったのです。

イスラエルとガザ地区の国境検問所

 イスラエルといえば、スパイ好きには有名なスパイ組織「モサド」(諜報特務庁)を擁しています。実はモサド以外にも「アマン」(イスラエル参謀本部諜報局)や「シンベト」(イスラエル総保安庁)があり、アラブ諸国、イスラエルに敵対する勢力に対する情報収集活動を展開しています。ガザ地区の中にも情報源を確保していますが、今回は事前の情報を掴むことができませんでした。イスラエル軍によるハマス根絶作戦が終了した後は、この失態の責任が追及されることになるでしょう。

ハマスとは

 ハマスとはアラビア語の「イスラム抵抗運動」の頭文字をつなげた名称で、「情熱」という意味にもなります。1987年、イスラエルの占領に対抗してパレスチナ人が投石をするという「インティファーダ」(蜂起)をきっかけに設立されました。武装闘争によってイスラム国家の設立を目指しています。

 パレスチナには、さまざまな組織があります。ヨルダン川西岸地区を統治しているのは穏健派の「ファタハ」ですが、ガザ地区はハマスが支配しています。

ハマスの戦闘員

 穏健派のファタハはイスラエルとの共存を打ち出していますが、幹部の汚職体質が住民から嫌われ、支持は広がりません。一方、ハマスはイスラエルの存在を認めようとせず、アメリカや日本からは「国際テロ組織」に認定されていますが、学校や医療施設を整備してきたことで住民の支持を得ています。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年10月26日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる