病院を「爆撃」したのは誰か|池上彰

池上彰のそこからですか!? 第591回

池上 彰
ニュース 社会 国際

 戦争の最初の犠牲者は真実である。戦争になると、この言葉が甦ります。今回この言葉が思い出されたのは、パレスチナ自治区のガザの病院で「爆発」が起きた件をめぐってです。10月17日、ガザのアル・アハリ病院で大きな「爆発」が起き、病院の駐車場に避難していた多数の住民が犠牲になりました。ガザの保健省は「イスラエル軍の爆撃で471人が死亡した」と発表。それまで国際社会は、イスラム武装勢力ハマスによって多数の国民が殺害されたイスラエルに同情的でしたが、この事件をきっかけに「イスラエルの無差別爆撃で大勢のガザ市民が亡くなっている」とイスラエルを非難するようになりました。まさに戦争の流れを変える事件でした。

 このニュースについて、日本のメディアの多くは「ガザの病院で爆発が起きた」と伝えました。気が付きましたか? 「病院が爆撃を受けた」とは表現しなかったのです。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年11月9日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる