オドオドした松本穂香の表情がおかしくも切ない夜の15分

テレビ健康診断

亀和田 武
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 朝ドラ『ブギウギ』も快調だが、NHKは夜も侮れない。夜ドラ『ミワさんなりすます』の愛と笑い、サスペンスにハマって、夜の更けるのが待ち遠しい。

 主人公の久保田ミワ(松本穂香)はフリーター、二九歳。特別のスキルも資格もない。楽しみは映画(鑑賞)。映画愛も極まったミワが神と敬う“激推し”が国際的俳優の八海崇(やつみたかし)だ。

松本穂香 ©文藝春秋

 八海が家政婦を募集していることを知って、どんな人が採用されるのかと、ノコノコ出かけたミワだが、該当者は八海邸の門前で車にハネられ、救急車で搬送された。彼女の名前は「美羽(みわ)さくら」。女性マネージャーが屋敷から出てきた。「あなたがミワさんね」。ミワは、しばし逡巡の後でハイとうなずく。なりすましの家政婦。いつ正体がバレるか。怯えながらも、神と同じ空気を吸う快楽に、ミワは酔いしれる。

 オドオドした松本穂香の顔が、おかしくもあり、切なさも漂う。ある日、書庫の閂(かんぬき)がかかり、八海崇(堤真一)とミワは同じ空間で二人きりになる。「すべて分かってるんだぞ、この偽者め!」という八海の叫びに、ついにバレたと観念するミワ。すると八海は、こんな台詞を昔、映画で口にしたんですが、作品名を忘れてしまってと話す。

 するとミワさん、ピンと来て、台本の山を素早くチェックして、これではないですかと差しだす。「え、こんな昔の。しかも自主映画の台詞を」と驚く神。

『パラサイト』の話題になり、八海が「あの青空は良かった」と言うと「ハイ」とミワが答える。どのシーンかわかるんですか。またも仰天して配信でそのシーンを調べるも特定できない神に「五六分二四秒あたりでは」とミワさん。

「ただの家政婦ですから」と卑下する彼女に「ミワさんは、私にとってかけがえのない人です」と八海は微笑む。尊い神のお言葉。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる