無料公開中

【特集】徹底追及 タカラジェンヌ自死の闇

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 芸能
 

 宝塚宙組に所属する有愛きい(享年25)の飛び降り事件。イジメ・パワハラの実態を明らかにしたのは、事件発生から相次いで「週刊文春」編集部に寄せられた内部告発の数々だ。若きタカラジェンヌを自死に追い詰めた“闇”の正体とは――。

購読はこちら

 

前日、母に「精神的に崩壊して…」

宝塚宙組娘役(25)を自殺に追いつめた《罵声、隠蔽、板挟み》

 

 9月30日、高層マンションの最上階から身を投げた女性は、現役タカラジェンヌだった。なにが彼女を追いつめたのか。「清く 正しく 美しく」をモットーとする宝塚の舞台裏に潜む「魔物」の正体とは――。

 

記事を読む

 

「タカラジェンヌ(25)自殺の真相」

宝塚歌劇団は壮絶イジメを8カ月放置した《内部告発続々》

 

「マインドが足りない!」「噓つき野郎」「文春なんてどうでもいい」。先輩たちから罵声を浴びせられた彼女は2日後、自ら死を選んだ。小誌が2月に報じたイジメ問題を「事実無根」と断じて放置した宝塚は、自殺後に突如、説明を一変させた。

 

記事を読む

 

宝塚は5年前の飛び降り事件も隠蔽していた 《真相追及第3弾》

タカラジェンヌ飛び降り事件

 

“飛び降り”は今回が初めてではなかった。2018年6月、1人の予科生が苛烈なパワハラを苦に寮のバルコニーから身を投げた。家族は再発防止を求めたが“警鐘”は黙殺され……。

 

記事を読む

 

宝塚同期生の涙の訴え音声入手 「もう少し真剣にとらえて……」

《真相追及第4弾》タカラジェンヌ飛び降り事件

 

 若きタカラジェンヌが高層マンションから身を投げた事件に劇団が揺れている。それでも公演を続けたいトップと「信じられない」と動揺する下級生たち。「清く、正しく、美しく」がモットーの宝塚歌劇団に潜むウラの真実。

 

記事を読む

 

元タカラジェンヌが実名顔出しで告発する《宝塚歌劇団の悪しき伝統》

“爆弾ノック”、“シメ”、“セレモニー”…「誰しも被害者であり加害者」

 

「どうして宝塚で体験したことをお話しするかというと、私自身も加害者だったからです」。凛とした表情でそう打ち明けるのは、元タカラジェンヌで公認心理師の東(ひがし)小雪さん。宝塚歌劇団で脈々と受け継がれてきた「悪しき伝統」を告発する。

 

記事を読む

 

宝塚雪組トップが怒りの直訴「私はもうやらない」

タカラジェンヌ飛び降り事件《真相追及第5弾》

 

 若きタカラジェンヌの自死から約1カ月、劇団の迷走は続いている。責任転嫁を謀る上級生と対応が後手に回り頭を抱える幹部たち。劇団への不信感は遂に他の組へ伝播し、雪組トップスターが理事長のもとを訪れて……。

 

記事を読む

 

天海祐希が明かしていた宝塚への“嫌悪感” 真矢ミキ「嫌い」

100周年式典欠席《真相追及第6弾》タカラジェンヌ飛び降り事件

 

 かつて宝塚でトップスターを務めた女優・天海祐希(56)。友人らに、同じ宝塚の先輩についてこう洩らしていたという。「彼女は嫌いなのよ」。その相手、そしてその理由とは――。

 

記事を読む

 

宝塚が隠す演出家“壮絶パワハラ”《真相追及第6弾》タカラジェンヌ飛び降り事件

 

 10月上旬、宝塚歌劇団の木場健之(こばけんし)理事長宛に1通の手紙が届いた。そこには宙(そら)組に所属する娘役・有愛(ありあ)きい(享年25)の死を悼むとともに、劇団の責任を問う内容が綴られていた。そして、手紙は次のような要望で締めくくられていた。

 

記事を読む

 

宝塚歌劇団「捏造と隠蔽」 週刊文春だけが知る全内幕

《真相追及第7弾》タカラジェンヌ飛び降り事件

 

 若きタカラジェンヌの急死から45日、事態は急展開を迎えた。劇団が調査結果を発表し、イジメを否定、遺族側が真っ向からそれに反論したのだ。過重労働、パワハラ……。彼女を追いつめた「宝塚の闇」とは何だったのか。

 

記事を読む

 

「イジメなし」ウソ会見に激怒 花・雪・星組トップが宝塚幹部に改善要求!

《真相追及第8弾》タカラジェンヌ飛び降り事件

 

 若きタカラジェンヌの死の背景にあった上級生による壮絶イジメ。だが、劇団は11月14日の調査報告会見でそのすべてを黙殺した。一方、宝塚のトップスターたちからはついにパワハラ環境の改善を求める怒りの声が――。

 

記事を読む

  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる