《自宅差押、未払いトラブル》 久保建英が所属「レアル・ソシエダ」のメインスポンサーに 「安田財閥の子孫」を直撃45分 「ソシエダには説明した」「祖母の同級生に美智子さま」 〈クラブから届いた回答は…〉

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

SCOOP!

エンタメ 社会 芸能

「えっとー、なんか全体的に言うと、実はこう、ソシエダと私の方で話をしていて。私、元々エンタメの仕事をしておりまして、エンタメの仕事からの、派生として、スポーツっていうものが非常に面白いなという印象を受けていたのと、最近って巷で高額チケットだったり、多くの子どもたちが、なかなかその試合を観れないっていうハードルがあったと思うので――」

 

 11月25日夜、「週刊文春」の電話取材に滔々と語り始めたのは 、「株式会社ヤスダグループ」代表の安田慶祐(けいすけ)氏(41)。同社は、久保建英 (たけふさ・23)が所属するスペインサッカー1部リーグ「レアル・ソシエダ」とメインスポンサー契約を締結したばかりなのだが……。

契約締結をアナウンス(レアル・ソシエダのHPより)

 ソシエダのエースとして、昨季はクラブを欧州チャンピオンズリーグ圏内(4位)に導いた久保。今季は9月に日本人初の月間MVPを受賞するなど、シーズン序盤は圧巻のプレーを見せていた。

 そのソシエダが10月6日に発表したのが、ヤスダグループとのメインスポンサー契約の締結だ。楽天グループが同じスペイン1部の強豪「FCバルセロナ」のスポンサーになった際の契約額は年約65億円だったが、流石にバルサには及ばないとしても、ヤスダグループからは巨額のスポンサー料が支払われたと見られる。クラブのリリースによれば、ヤスダグループとは〈安田財閥によって20世紀に設立され、1世紀以上にわたり、日本に影響を与え、社会的にも高い評価を受けています〉。久保も動画チャンネルで「ヤスダグループの契約締結を誠に嬉しく思っています」と挨拶していた。

――でも、そんな会社、あったっけ? 

調査レポートには〈多くの関係者が苦慮している〉

 ヤスダグループの法人登記簿によれば、設立は20世紀どころか、今年9月。資本金は10万円だった。安田氏は過去に、自身のプロフィールを〈安田財閥の創始者安田善次郎の子孫として、鎌倉に生まれる〉(安田氏が登場したイベントの案内文より)と紹介していた。それによれば、8歳でフラダンスと出会い、ハワイ大学卒業を経て、フラのビジネスを立ち上げたという。実際、2004年に「株式会社ヤスダインターナショナル」を設立。同社でハワイの有名歌手を招いたコンサートなどを手掛けてきた。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 電子版オリジナル

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる