万博で剥がれた「面」の皮

新聞不信

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 2025年に開かれる大阪・関西万博の運営主体である日本国際博覧会協会が、入場券の前売りを始めたのは11月30日だった。この日、協会と各社連合は全国紙に広告を出した。

 いずれも掲載料がお高いカラーの全面広告で、見出しは「くるぞ、万博。」。朝日は18面、読売は16面とそれぞれ1枚だったが、毎日は14面と15面、日経は23面と26面の2枚(いずれも東京版)。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年12月14日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる