ガザの医療機関はどうなっている?|池上彰

池上彰のそこからですか!? 第596回

池上 彰
ニュース 社会 国際

 イスラエル軍によるガザへの容赦ない攻撃が続き、民間人にも多くの犠牲が出ています。とりわけ病院への攻撃による患者や子どもたちの被害の様子には心が痛みます。ガザの医療施設に関しては、「国連が運営」という報道もあります。「国連職員が既に100人以上死亡」というニュースも出ています。これはどういうことなのか。国連のUNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関。ウンルワと発音)で保健局長を務めている日本人の清田(せいた)明宏さん(62)に先月末、ヨルダンの首都アンマンのパレスチナ難民キャンプで直接話を聞きました。

 清田さんには、ちょうど10年前の2013年にもガザ地区で話を聞いています。ガザ地区はイスラエル国内に2つあるパレスチナ自治区のうちの一つで、地中海に面した長さ50キロ、幅が5キロから8キロの細長い地域です。面積は東京23区の6割ほど。この表現でピンと来ない場合は種子島とほぼ同じくらいと言えばどうでしょうか。ここに約220万人が住んでいます。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年12月14日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる