スクープ撮! 村上佳菜子(29)《3回転熱愛》羽生結弦“105日離婚”の陰で愛を育み…

「週刊文春」編集部

SCOOP!

エンタメ 芸能 スポーツ

 村上佳菜子(29)は神妙な面持ちだった。

「びっくりしましたね。本人たちにとっては短い期間かもしれないけど、たぶん追い込まれてつらい時期を過ごしたんだろうな」

 

 コメンテーターをつとめる11月20日放送の「めざまし8」のワンシーン。その3日前に明らかになった羽生結弦の“105日離婚”を受けての発言だ。

「同い年の羽生と村上は、フィギュアスケートを通じ小学3年生の頃から交流のある幼馴染です。2014年のソチオリンピックでは、金メダルを獲得した羽生に村上が駆け寄って抱きつくなど、非常に仲が良いことで知られており、8月に羽生が結婚を発表した際も、関係者の間では『もしかして相手は村上なのでは』という憶測も流れたほどです」(フィギュア関係者)

羽生結弦とは同い年の親友(村上のインスタグラムより)

 世間を戸惑わせた旧友の心中を慮った村上を「さすが」と持ち上げるのはさるテレビ局のプロデューサーである。

ともに愛犬を散歩させる

「率直に思ったことを言えるのが村上さんの魅力。先日のSNSの投稿は話題を呼びました。周囲から『太ったね』と言われることに対し、13キロ増量を明かした上で〈足は太くて短いし、お尻は下がっているし〉と自虐しつつ〈『コレが私なのよ!!!』〉と力強く訴えた」

 往年のアイドル松浦亜弥に似ていることから「氷上のあやや」の異名を取った村上は、思えば銀盤上を跳ねるジャンプのような人生を送ってきた。1回転目は羽生らと並ぶ第一線のフィギュアスケーター時代。

「ジュニア時代に輝かしい成績をおさめ、ポスト浅田真央の期待をかけられていました。キャリアの最盛期にはソチ五輪のメンバーに選ばれたが、12位と残念な結果に終わった。その後もジャンプの不調やケガに悩まされ、17年4月に現役を引退しています」(スポーツライター)

 引退からわずか半年後、テレビ番組のレギュラーに大抜擢され、タレントとして2回転目を迎える。

「持ち前の明るさもあるし、フィギュアの演技さながらの表情豊かなリアクションもテレビ的にはありがたい。フィギュアの解説も評判がいい。18年の平昌五輪も選手目線の解説と、出場選手の秘話を明かすトークはウケていました」(前出・プロデューサー)

 見事な転身だが、2回転どまりなら平々凡々なスケーターに過ぎない。村上佳菜子が並の選手でないことを小誌は知っている。

 12月2日20時すぎ。日もとっぷり暮れ、行き交う人もなく静まり返った都内の住宅街を歩く2つの影があった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年12月14日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる