宝塚を牛耳る“ドンと女帝”《真相追及第10弾》タカラジェンヌ飛び降り事件

角会長の妻は「この娘を使って」と配役に口出し。独裁夫婦に会長の実兄が「人の道を外れている!」

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会 芸能

 タカラジェンヌの死から2カ月あまり。ようやく決まった宙組全公演中止のウラには劇団を牛耳るドンの意向があった。そして、その妻は時にトップスターの人事にまで口を出すという。独裁夫婦の下で劇団の改革は進むのか。

 大阪・梅田芸術劇場には“モノ言う株主”たちが集まっていた。

「わが阪神タイガースの監督に岡田さんを招聘していただき、心よりお礼申し上げます。サステナビリティとして、アレを持続的に実現してほしい」

 6月16日、阪急阪神ホールディングスの定時株主総会。今年の流行語大賞「アレ」(優勝)を交えてエールを送られたのは、会の議長を務める、角和夫会長(74)である。「生ビールワンコインナイターをもう1回やって欲しい」など、虎党からの相次ぐ“愛の叫び”に、角氏も思わず頬が緩む。会はこのまま無風で終わると思われたが……。

阪急阪神HD会長の角和夫氏

「劇団として力の勾配があるのは事実。ハラスメントが発生しやすい構造がある。研修を行わないのですか」

 タイガースと並ぶ、グループの象徴・宝塚歌劇団について質問が及ぶと、角氏は表情をこわばらせた。宙(そら)組の劇団員・有愛(ありあ)きい(享年25)が自ら命を絶ったのはそれからわずか3カ月半後のことだった――。

亡くなった有愛きい

 12月1日、宝塚大劇場で雪組公演が再開した。ここで最後に公演があったのは2カ月前、有愛も舞台に立った宙組公演だった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年12月14日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる