埋蔵金企画に専門家集結!? これは何かが起きそうだ!

テレビ健康診断

てれびのスキマ
エンタメ テレビ・ラジオ

「埋蔵金」という言葉を聞くと、80年代後半から90年代前半にテレビに夢中になった世代は、徳川埋蔵金、赤城山、糸井重里……といったフレーズが自然と脳裏に浮かび上がってくるだろう。糸井重里らが『ギミア・ぶれいく』(TBS)で赤城山に眠ると言われる埋蔵金の大規模な発掘企画を行った。「あるとしか言えない」と信じ、今回こそはと釘付けになって見る一方で、いや、もし発見していたら放送前にニュースになっているはずと、ある種の自己防衛でどこか冷静な自分もいた。そんな“ロマン”と“現実”の両方を教えてくれた企画だった。

TBS社屋 ©AFLO

 その一大プロジェクトを「あそこ掘ってもムダだよ」と一蹴していた男がいる。それが八重野充弘。糸井本人にも「素人騙しはやめなさい」というメールまで送ったという。その八重野に密着したのが、『クレイジージャーニー』だ。彼のモットーは「土を掘るより、資料を掘れ」。そのため実際に掘ったのは16箇所で、小判1枚も見つけたことがない。にもかかわらず、いや、だからこそ情熱が冷めることがない。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年12月14日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる