白河口の戦い「蛮勇」の真実|伊藤秀倫

蒼空に擲つ 永山弥一郎を探して 最終回

伊藤 秀倫
ライフ 歴史

白河城攻防戦で目覚ましい活躍をみせた弥一郎が銃弾に倒れる――。

 

【慶応4年(1868)5月1日 白河城】

 じくじくとした雨でぬかるんだ丘陵の間道を、永山弥一郎と薩軍小銃四番隊は黙々と進んでいる。

 この日、新政府軍は白河城への総攻撃を企図していた。その総兵力は約700、対して白河城を守る奥羽越列藩同盟軍(会津藩は同盟には加わっていないが、ここでは便宜上、同盟軍とする)は約2500。守勢より少数での城攻めは戦術の定石から外れるが、東山道先鋒総督府参謀で薩摩藩きっての軍略家である伊地知正治は、綿密な作戦を立てた。

 その作戦とは軍を中央隊、右翼隊、左翼隊の3つに分け、まず中央隊が敵陣正面にある小丸山に砲を集めて敵をひきつけた上で、両翼から奇襲攻撃を仕掛けるというもの。弥一郎が属する四番隊は右翼隊に配され、朝4時に白河の南に位置する白坂を発していた。

 当初の予定よりやや遅れて十文字(白河東南約2キロ)に到達したところで、小丸山方面に砲声を聞いた。

「こえんしちょやならん(こうしちゃおれん)」

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年12月21日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫