鳥羽・伏見の戦い|伊藤秀倫

蒼空に擲つ 永山弥一郎を探して 第15回

伊藤 秀倫
ライフ 歴史

戊辰戦争の緒戦で中村半次郎を驚かせた弥一郎の豪胆すぎる逸話

 

【前回まで】王政復古の大号令直後の京都で弥一郎らは会津藩士との間で刃傷事件を起こす。作家の中村彰彦氏の協力で斬られた会津藩士が佐川又四郎であったことが判明。さらにこの事件を記録した「春山田中日記」の謎も意外なところから解ける――――本連載は西南戦争で散った薩軍三番大隊長・永山弥一郎の生涯を掘り起こす「同時進行歴史ノンフィクション」である。

【慶応4年(1868)1月3日 伏見奉行所】

 伏見奉行所の集会所では、二十余名の新選組隊士が酒を酌み交わしていた。いずれも頭部を鉢金で覆い、陣羽織の下には具足(鎧)を着込んだ戦支度である。

「どうも、うまくねぇな」

 新選組二番隊組長の永倉新八が浮かぬ顔で呟いた。

「うまくない? 永倉さん、これ、灘の銘酒ですよ」

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年12月14日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる