《長男が疑惑団体の会計責任者》二階俊博に直撃「消えた50億円」

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

 自身の秘書と派閥の会計責任者が相次いで立件された二階氏。使途不明の政策活動費を50億円受け取っていたことも物議を醸している。そして、裏では派閥の最高幹部たちが番記者と“言いたい放題”の宴会を開いていた。

 

▶︎岸田「叩かれても辛くない。だって俺、総理じゃん」

▶︎武田良太「茂木派、アウト〜」

▶︎林幹雄「進次郎は軽すぎ」

 1月25日夜、東京・築地に構える「すしざんまい本陣」。20人弱のスーツ姿の団体客が政治談議に花を咲かせていた。

当選13回を数える二階氏

 宴の主催者は、二階俊博元幹事長(84)の側近中の側近、林幹雄元経産相(77)。二階派現事務総長の武田良太元総務相(55)ら二階派議員を従え、十数人の二階派番記者が集っていた。

 会場となった「すしざんまい」を全国で運営する「喜代村」の名物社長、木村清氏は二階氏と昵懇の間柄。2018年には、二階氏、林氏らとともにロシアを訪問したこともある。

 だが、二階派は僅か6日前の1月19日に解散を決めたはずだった。その舌の根も乾かぬうちに再集結し、寿司に舌鼓を打っていた派閥の最高幹部たち。彼らの口から飛び出したのは――。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 1

  • 29

  • 1

source : 週刊文春 2024年2月15日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫