元怪物逸ノ城「裏切りの断髪式」強行! 不義理の果てに行き着いた「親方排除」「収益かっさらい」「無職」

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

SCOOP!

エンタメ 社会 スポーツ

 2月11日、元関脇・逸ノ城こと三浦駿氏(30・以下、逸ノ城)の断髪式が、都内墨田区のホテルで開催された。SNSで募集した一般参加のファンや母国モンゴルの関係者らを含めて、約400人が出席。会場には、元横綱・鶴竜こと音羽山親方、元関脇・朝赤龍こと高砂親方、現役大関の霧島ら、逸ノ城と同じモンゴル出身の親方や力士たちも駆け付けた。

逸ノ城

土俵を席巻した名物力士の“異例の断髪式”

 最後に髷を切り落とす「止め鋏」を入れたのは、鳥取城北高校校長で相撲部総監督の石浦外喜義氏。異国から相撲留学した高校時代の恩師が、力士の証だった大銀杏に刃先を当てると、逸ノ城は感極まって落涙した。各メディアはこぞって「涙の断髪式」と報じたのだが――。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 16

  • 4

  • 4

source : 週刊文春 電子版オリジナル

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫