お題に沿ったスタイリングで自分の殻を破ってみる|霜鳥まき子

似合う服だけ着ていたい 第100回

霜鳥 まき子
ライフ ライフスタイル

 会社でパーソナルスタイリスト養成講座をしたり、バンタンという専門校でパーソナルスタイリングやプロデュースを教えているのですが、学生が入学してすぐのタイミングから「お題に合わせたスタイリング」を毎週行います。コスプレのようにあるものに似せていくというより、自分でお題を解釈してスタイリングするというものです。

 例えば「アニマル」というお題。オーソドックスにアニマル柄を取り入れるだけでなく、「動物の柄」と捉え象モチーフを着てきたりと、取り入れ方は千差万別。リアルな魚の形のバッグをかけて、魚釣りの格好をしてくる子もいたりします。「美術館」というお題の時には、自分がどんな絵にインスピレーションを得たかを伏せて、どの絵をオマージュしたスタイリングなのか他の皆で当てる、という講義をしました。何名か同じ絵になり、何故その絵が心に響いたのかをプレゼンしてもらうと、その内容も人それぞれで、結果、皆全く違うスタイリングになっていました。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 1

source : 週刊文春 2024年2月22日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫