《説明会音声を独自入手》日テレドラマ「たーたん」制作中止の“舞台裏” 男性プロデューサーは「茫然自失。こんなことはありえない」、女性プロデューサーは「苛つきと悔しさがある」「前代未聞」

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

SCOOP!

エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 読書

 2月21日、4月からムロツヨシが主演で日本テレビ系列で放送予定だったドラマ「たーたん」の制作が中止されることが「週刊文春」の取材で明らかになった。同日の午前中、監督をはじめ、衣装や撮影、照明のメインスタッフ約20人が「今後について話がある」と日テレ本社に集められた。その場で日テレのプロデューサーから“制作の中止”が告げられたことを「週刊文春」は21日配信のスクープ速報で詳報した。

 

 どのような経緯で「たーたん」は制作をストップすることになったのか。また、日テレ側からスタッフにはどのような説明があったのか。

 

「週刊文春」は今回、“制作中止”を通達した説明会の音声を入手した。その内容を以下で詳しく伝える。

 集められたスタッフの前で口火を切ったのは、日テレの男性プロデューサーだった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 17

  • 68

  • 8

source : 週刊文春 電子版オリジナル

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫