献金のゆくえ|清水克行

室町ワンダーランド 第92回

清水 克行
ライフ 教育 歴史

 現代社会で怪しい宗教団体が最初に社会問題としてメディアに採り上げられるのは、だいたい献金をめぐる元信者とのトラブルである。「信教の自由」が保障されている以上、人がどんな宗教を信じていようと構わない。ただ、信者に対して常識を超える額の献金を求め、それにより信者やその家族の生活が破滅するようでは見過ごすことはできない。

 しかも、多くの場合、献金された財産がどのようなかたちで使われているのか、当の信者たちには皆目分からない。まるでブラックボックスなのだ。ひょっとしたら教祖や幹部連中の遊興費に充てられているのかも知れないし、良からぬ運動の資金にされているのかも知れない。しかし、信者にそれを確認する術は無い。

 僕らよりも遥かに信心深かった中世の人にとっても、この問題は相当に深刻だった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 3

source : 週刊文春 2024年3月7日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫