阿川佐和子のこの人に会いたい ゲスト・鳥海 修

手書きの技術が廃れると、いいフォントを残すことも難しくなっていくんじゃないか。(第1481回)

阿川 佐和子
ライフ ライフスタイル

 何気なく読んでいる雑誌のこの文字もあの文字も、実は誰かが手書きでデザインしたもの。知ってるようで知らないフォントの世界に、皆さんをお連れします。先生はヒラギノや游書体を生み出した字游工房の鳥海修さん!

 

(とりのうみおさむ 書体設計士。1955年生まれ。山形県出身。79年写研入社。89年字游工房の設立に参加し、ヒラギノシリーズ、游書体ライブラリーなどベーシック書体を中心に様々な書体開発に携わる。著書に日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した『文字を作る仕事』など。「松本文字塾」主宰。)

 

阿川 わざわざ遠方からお出でいただいて。安曇野に住まわれて長いんですか?

鳥海 いえ、2年とちょっとです。前は調布に住んでいたんですが、コロナで会社に行かなくてもよくなり、それなら人の多い東京を離れようと引っ越しました。

阿川 お仕事場が安曇野にある?

鳥海 私は字游工房という、もともと仲間3人で作った会社に所属しています。皆さんが普段パソコンで使っている「ヒラギノ」や「游書体」などの書体を作った会社ですが、そこを2019年にフォント大手の「モリサワ」に買ってもらった。今は取締役を外れて、普通の書体デザイナーとして働いています。字を作るだけならどこでもできるので。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 2

source : 週刊文春 2024年3月7日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫