新聞や雑誌の人生相談コーナーって、相談者の悩みの解決など実はどうでも良く、相談者自身の偏見や未熟さを回答者がバサバサ斬ることで読者が溜飲を下げるのが一種の楽しみになるという、悪趣味な読みものになっていることがよくあると思います。

 朝日新聞の「悩みのるつぼ」はその種の伝統あるコーナーだと思いますが、5月18日の記事については朝日の社員である神田大介がXで「回答者として加わった野沢直子さんがすごい!/才能を見抜き、依頼した記者(編集者)もすごい」と自()自賛。それが話題となった結果、半ば炎上状態になってしまいました。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 7

  • 1

  • 26

source : 週刊文春 2024年6月6日号