ねじねじは断捨離したけど、あの人、文春は捨てなかったの。亡くなる3日前には、点心とクリームソーダを喜んで食べていた。自宅で看取ることができて満足です。私もあんなふうに逝きたい。

「中尾の遺言の通り、内々で式をやろうとしたら逆に大変で……。『大丈夫、大丈夫』と自分に言い聞かせて準備していました。お骨になって、私一人になった途端に魂が抜けたみたいになってしまいました」

 そう語るのは、5月16日に夫・中尾彬(享年81)に先立たれたばかりの妻・池波志乃(69)である。

誰もが知るおしどり夫婦だった

 夫を亡くして9日後、小誌の独占取材に応じ、60分間にわたってその胸中を告白した。昭和から令和を生き抜いた名俳優の遺言。その最後の日々とは――。

「中尾とはいつもベッタリ一緒にいたし、本人が望んでいたように、自宅で看取ることができたので、私としては満足なんです」

 そう池波は語りだした。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 5

  • 24

source : 週刊文春 2024年6月6日号