昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

瀧井 朝世
2016/03/27

小説を書きたいとか戯曲を書きたいということもなく、文字数を増やしたいという意識でした――本谷有希子(2)

話題の作家に瀧井朝世さんが90分間みっちりインタビュー 「作家と90分」

genre : エンタメ, 読書

(1)より続く

本谷有希子(もとやゆきこ)

本谷有希子

1979年石川県生まれ。2000年より「劇団、本谷有希子」を主宰。作・演出を手掛ける。07年『遭難、』で第10回鶴屋南北戯曲賞を受賞。09年『幸せ最高ありがとうマジで!』で第53回岸田國士戯曲賞を受賞。11年小説『ぬるい毒』で第33回野間文芸新人賞、13年『嵐のピクニック』で第7回大江健三郎賞、14年『自分を好きになる方法』で第27回三島由紀夫賞を受賞。

――本谷さんはそもそも、なぜ小説を書き始めたのでしょう。劇団の活動を先にはじめて、そのあとから小説を書き始めたイメージもありますが、実は脚本と小説とを同時期に書き始めているんですよね。

本谷 家にワープロがあって、戯曲を書きながら小説を書いて、ほぼ同時に完成させました。戯曲のほうがちょっと早かったのかな。芝居の学校に行っていたんですが、東京の友達ってその学校の子しかいなかったので、書き上げたものを両方、学校の友達に読ませたんです。そしたらやっぱり演劇をしたい子だから、戯曲を面白がってくれて、みんなでやろうよという話になりました。小説のほうは、私はその子に最初に言われた言葉を今でもすごく憶えているんです。その時読ませたのは『ほんたにちゃん』(08年太田出版刊)だったんですけれど、それを読んで「本谷はもう小説書かないほうがいいよ」って(笑)。

ほんたにちゃん (本人本 3)

本谷 有希子(著)

太田出版
2008年3月20日 発売

購入する

――えっ。私『ほんたにちゃん』大好きなんですが!

本谷 たぶん小説を馬鹿にしていると思ったんじゃないかな。「もっと真剣に書きなよ」ってすごく怒られました。その子は今でも友達なんですが、たぶんそう言ったことは忘れていると思います(笑)。それでなんとなく小説はそこで終わっていたんです。また書こうとも思っていなかった。でも劇団が軌道に乗り始めてホームページを作った時に、「何かもうひとつコンテンツがほしい」と言われ、「じゃあ10回くらいに分けて載せちゃう?」と言って小説を掲載したのが編集者の目に留まって、という流れです。

――自分ではその時、小説家になりたいと思っていたんでしょうか。

本谷 思ってないですね。19歳で東京に出てきて、学校も1年で終わって。東京にいるのは親と2年の約束だったんですよ。だからあと1年で帰らなきゃいけなくて、でも何の目処もたたないまま学校を卒業しちゃって、何かしなきゃいけなくて。その時にあったのがワープロで、バイトしかしていない自分にとって本当に消去法で、できることは書くことしかなかったんです。それで何かしなきゃいけない、だから書く、書いたらその日書いた分だけ文字数がたまっていく。それがとにかくその時の自分にとっては唯一の救いでした。今日も500字なり1000字なりという生産的なことができた、よかった、みたいな。非生産的な時間を過ごすのが怖かったんです。だからその頃の私にとって書くというのはただ文字数を増やすことでした。小説を書きたいとか戯曲を書きたいということもなく、文字数を増やしたいという意識でした。

――最初に書いた小説が『ほんたにちゃん』なんですね。小説家デビュー作になる「江利子と絶対」(『江利子と絶対』所収、03年刊/のち講談社文庫)ではなく。

江利子と絶対〈本谷有希子文学大全集〉 (講談社文庫)

本谷 有希子 (著)

講談社
2007年8月11日 発売

購入する

本谷 『ほんたにちゃん』は本当に19歳の時に書いたもので、あれが処女作です。その後に「群像増刊エクスタス」や「群像」に書かせてもらったのを先に本にしたので、順序が逆になっちゃうんですけれど。

――『ほんたにちゃん』はそれこそ何者かになりたい、人からなめられたくないという主人公の女の子の言動が痛くて笑わせますが、すごく切実さも立ち上ってくるんですよねえ。

本谷 あの頃、冷静に周りを見回して一番面白いものを書かなきゃと思った時に、自分が一番滑稽だったんですよね。このもがき苦しむ様が面白いから、それを書かなきゃと思って。

はてなブックマークに追加