昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集観る将棋、読む将棋

2019年の将棋界展望 藤井聡太の初タイトル、羽生善治の復権はあるのか?

まずは復調した渡辺明の「ダブルタイトル戦」に注目が集まる

2019/01/04

 2018年は将棋界でも多くの出来事があった。中学生棋士・藤井聡太による朝日杯将棋オープン優勝、タイトル戦に昇格した叡王戦では高見泰地がドリームを実現し、また棋聖戦と王位戦では豊島将之が悲願のタイトルを奪取した。王座戦でプリンス・斎藤慎太郎が頂点に立ったのも忘れてはいけない。

どちらが制しても初挑戦初タイトルとなった叡王戦七番勝負で、金井恒太六段(写真左)に勝利した高見泰地叡王 ©相崎修司

ついに羽生善治がタイトルを失った

 女流棋界では絶対王者の里見香奈を打ち破って、渡部愛が女流王位を獲得。またヒューリック杯清麗戦という新棋戦が誕生したのも明るいニュースである。

 そして竜王戦で広瀬章人に敗れた羽生善治が、ついに保持するタイトルを失った。2017年に永世七冠を達成したのち、昨年春には竜王・棋聖の「二冠」として6人による順位戦A級プレーオフを制して名人戦七番勝負への出場を決めるなど「羽生健在」を示していただけに、年末の「27年ぶりの無冠転落」は各地に衝撃を走らせた一大ニュースとなった。一つの時代の転換点となったことは間違いない。

フルセットまでもつれた竜王戦の結果は、「平成の終わり」を告げるニュースとして大きく報じられた ©相崎修司

藤井聡太、今年こそタイトル戦登場なるか

 では年が明けた2019年、今年の将棋界はどのような1年になるだろうか。

昨年の朝日杯オープンでは、全棋士参加トーナメントでの最年少優勝記録を更新した藤井聡太七段 ©相崎修司

 まず注目が集まるのは藤井聡太だろう。昨年に引き続いての朝日杯連覇となるか、そして今年こそタイトル戦番勝負への登場がなるか。

 タイトル獲得はいつか実現するとみられているが、屋敷伸之のもつ史上最年少タイトル獲得記録(18歳6ヵ月)を更新するならば、悠長にはしていられない。2020年の年末に決着が予想される竜王戦七番勝負までに奪取すれば年少記録の更新となるが、それまでに出られる可能性があるタイトル戦番勝負は10期しかないのだ(2019年の棋聖戦、王座戦、竜王戦。2020年の王将戦、棋王戦、叡王戦、棋聖戦、王位戦、王座戦、竜王戦)。

 この中では本戦出場まであと1勝に迫った今年の棋聖戦、そして2018年度のベスト4によって本戦シードとなる王座戦がもっとも番勝負に近い位置と言えるだろうか。