昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

朝井 リョウ
2017/06/29

発売前先読み!『風と共にゆとりぬ』朝井リョウ――「対決! レンタル彼氏」(4)

6/30発売のエッセイ集を特別公開します

genre : エンタメ, 読書

対決! レンタル彼氏(3)より続く

『風と共にゆとりぬ』(朝井リョウ 著)
 

「ダ・ヴィンチ」BOOK OF THE YEAR 2015 1位(エッセイ・ノンフィクション部門)!『時をかけるゆとり』に続く朝井リョウエッセイ集『風と共にゆとりぬ』の刊行を記念して、本書の一部を先読み公開します。藤井隆さんのモノマネ芸を尊敬する朝井さんが、編集者の「弟」になりきって挑みますが……「対決!レンタル彼氏」最終回です。

◆◆◆

対決! レンタル彼氏(最終回)

「あの、ほんとによかったです。姉貴にこんなにちゃんとした彼氏がいるってことがわかって」

「そんなにちゃんとはしてないですけどね」

 M氏はハハハと笑う。私はそこで、声のトーンを、ぐっと落とす。

「聞いてるかもしれないですけど……姉貴、男運が悪いっていうか、これまで付き合ってきた男の人が……なんていうか、あんまりいい人じゃなかったことが多かったんで。俺も心配してて」

 一人称がボク、だった弟が、俺、と言い出す瞬間の演出に、私は自ら拍手を送りたい気持ちだった。彼女の弟というよりも、一人の女性を心配する男としての発言。突然登場した姉の暗いらしき過去、それにどう対応するのか――最後にこれだけチェックさせていただくわ、マヤ。

 M氏は慌てて私と同じように表情を暗くすると、小さく呟いた。

「ええ……Uから少しは聞いてます。その……過去のことも」

 ……乗ってくるのね。さすがよ。とんだ度胸の持ち主ね。千草化した私はM氏のなりきり能力にぱちぱちと拍手を送りつつ、このフィールドオブドリームスを去ることとした。

「……ですよね。だから、今日はなんかすげえホッとしたっていうか……なんかすみません」(おしぼりで鼻を拭く私)

「いえいえ」

「なんか、姉貴のこと、よろしくお願いします」(ぺこりと頭を下げる)

「あ、はい」(大人な感じで照れ笑い)

 この数分の間に突然だめんず・うぉ〜か〜認定されたことを知らないUさんが部屋に戻ってきたところで、「そろそろボクは出ますね!」私は席を立った。もう十分だ。自分のなりきり能力を存分に楽しんだし、M氏の実力にも恐れ入った。夢舞台をありがとう。私は普通の男の子に戻ります。

はてなブックマークに追加