昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

もう“猫愛”がとまらない 『俺、つしま』×『猫ニャッ記』対談

リアルな猫を描くコツから地域猫問題まで語り尽くす

2匹のおとな猫と暮らす書店員夫婦のもとに保護された子猫が次々とやってきて……。猫と暮らすことで感じる幸福感や、子猫を保護することや多頭飼いの大変さなどを描いた佐久間薫さんのコミックエッセイ『猫ニャッ記』。その発売を記念して、元ノラの数匹の猫との日々を描いて大ヒット中の猫漫画『俺、つしま』(小学館)の著者、おぷうのきょうだいのお兄さん(作画担当)との対談が行われました。猫を描く画材から地域猫問題まで、猫愛に溢れるおふたりのトークをお届けします!

愛する飼い猫を人に見せびらかしたい

佐久間 今回はお忙しい中、対談のお願いをご快諾くださって、本当にありがとうございます。おぷうのきょうだいさんの大ファンだったのでとても嬉しいです。『俺、つしま』は、ストーリーももちろん面白いのですが、猫の絵がすごくリアルで衝撃を受けました。絵のタッチは、共著者の妹さんと話し合って決めたのですか?

おぷう兄 とくに話し合ったりはしてないです。妹のブログに絵を描いていた頃から段々と自然に「猫は丁寧に、人間は割とテキトーに描く」というスタイルになっていったように思います。たとえば、知らない他人が見たらただの「トラ柄の猫」でも、こっちの子はおっとりしてるけどこっちの子はちょっとせっかちだとか、みんなそれぞれ性格もクセも違うところが面白いんですよね。飼い主にはそこがかわいくてしょうがなかったりするので、そんな猫たちの個性をできるだけ実像通りに描写したい、さらに人に見せびらかしたいという欲求があったんだと思います(笑)。

佐久間 見せびらかしたい(笑)。その猫愛が私たち読者に伝わって、大ヒットにつながったんでしょうね。お兄さんの描く猫たちを見ていると、それぞれの性格がよくわかりますし、猫たちを身近に感じて本当に愛しい気持ちになります。ところで、「人間は割とテキトー」とおっしゃっていましたけど、猫のお世話をする妹さんのキャラは裸だし、青1色だし、頭の形がお米みたいだし、鼻毛まで出ていますよね(笑)。しかも、女性なのに「おじいちゃん」と呼ばれていますし。妹さんからクレームはきませんでしたか?

おじいちゃん ©おぷうのきょうだい/小学館

おぷう兄 妹、米に似てるんですよ。お米の胚芽にあたる頭の部分が欠けていることによって、おじいちゃんが「基本アホ」であるということも表しています。妹も気に入っているみたいです。

この記事の画像