昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

30代、40代でも「寝たきり予備軍」に!? 老けない「筋トレ」教えます

筑波大学大学院 久野譜也教授

「人生100年時代」と言われるようになった日本人にとって、今後の課題は、「平均寿命」と、自立した生活を送ることができる「健康寿命」との差を拡げないことである。この差は、筋肉が衰えることで「寝たきり」や要介護の状態で過ごす期間を意味するが、現在でも女性が12年、男性が8年と言われており、もし100歳まで生きるとすれば、その「寝たきり」や要介護の状態で過ごす年月がさらに長くなってしまう。

 しかも、身体を支える筋肉の量は30代から加齢によって落ち始め、40代からは年1%ずつの割合で減っていくという。つまり、筋肉の減少に歯止めをかける措置をとらなければ、30代でも40代でも「寝たきり予備軍」になるおそれがある。

 そんな衰えた筋肉を回復させるための適切な方法が、今回、筑波大学大学院の久野譜也教授がおすすめする6種類の筋トレである。

それぞれの種目はわずか数分でこなすことができる
文藝春秋12月号

 それぞれの筋トレメニューがどのような筋肉に効くのか、週に何回やればいいのか、心臓に負担をかけないやり方など、その詳細は「文藝春秋」12月号に掲載されている。

 また、「老けない『筋トレ』」の特別企画として、“ひと目でわかる”トレーニング動画を公開中だ。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース