昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/02/23

話題になった「お父さん憲法違反なの」

安倍晋三 首相
「わたしがうそ言うわけないじゃないですか」
FNN PRIME 2月13日

 13日の衆院予算委員会では、憲法9条に自衛隊を明記するかどうかについて、立憲民主党の本多平直衆院議員から「(安倍首相が)下関の講演で、『お父さん憲法違反なの』と言われて、自衛官の息子さんが涙を浮かべていたという話をしているが、これは実話なのか」と問われた際、「わたしの言ったことはうそだと言っているんでしょ」「本当だったらどうするんですか、これ」などと激昂。

「いつどこで聞いたんですかって聞いてるんですよ。例え話なのか実話なのかと聞いただけじゃないですか」と言う本多氏に対して、「わたしがうそ言うわけないじゃないですか」と言い放った。統計不正をはじめ、数多くの「嘘」が問題視されているのに、当の本人が「うそ言うわけないじゃないですか」と主張しているのだから議論がかみ合うわけがない。

安倍晋三首相 ©文藝春秋

安倍晋三 首相
「次は出ない。次の総裁候補は岸田さんだよね」
『週刊文春』2月28日号

 2月18日、安倍首相は岸田文雄政調会長や根本匠厚労相ら当選同期の衆院議員と「同期会」を開催。安倍首相は総裁選について上記のように発言した。岸田氏は無言だったが、同席していた林幹雄幹事長代理からは「4選もあり得るけどね」という言葉が飛び出した(FNN PRIME  2月20日)。

 2月10日の自民党大会では、二階俊博幹事長が「総裁に『さらに頑張って頂きたい』という声が出ると思う」と安倍首相の総裁四選を示唆していた。林氏は二階派に所属している。また、安倍首相が舌禍を引き起こした桜田義孝五輪相を更迭しないのは、自身の4選を支持する二階派への配慮という側面があるという見方もある。

 自民党の党則によると、総裁任期はもともと連続2期6年だった。2016年8月、安倍首相は「任期の延長ということについては、全く考えておりません」と語っていたが、任期を最長3期9年に変更して2018年に3選を果たした。「わたしがうそ言うわけないじゃないですか」と言う安倍首相なのだから、4選はないということになるが、まったく予断は許さない。

この記事の写真(4枚)